毎月の消し込み作業はシステムに任せる|入金管理システムとは

複数の人

在庫管理システムとは

男の人

毎月の棚卸には、メディアを利用した在庫管理システムの利用が便利です。在庫数を正しく把握できないということは、会社の資産を把握できないということです。在庫管理システムを利用して、正しく在庫商法を管理しましょう。

プッシュ通知の活用応報

PCを操作するレディ

アプリケーションからスマートフォンへ情報を流す方法を、プッシュ通知といいます。リアルタイムで宣伝をすることができるので、キャンペーン情報などを流して集客に活用しましょう。

秘書代行サービスとは

男女

忙しくて人手が足りない時には、秘書業務や電話体おい業務を代行してくれるサービスを利用しましょう。電話代行では、時間外の電話対応や商品案内を行ってくれる業者もあります。秘書代行は人が足りない繁忙期や忙しい時間だけに利用できるのが魅力です。

入金管理システムの特徴

スーツの人

経理や会計に携わる人にとって面倒な仕事といえば、毎月の消し込みや集金作業でしょう。取引相手の少ない会社であれば問題ありませんが、取引相手の多い会社ともなると、毎月数百件、数千件という取引をチェックしなければなりません。入金されたことを確認しながら一つ一つ消し込みを行うと大変な時間と労力が掛かりますし、だからといって、会社側も締め日前の数日のために、わざわざ人材を雇うことはできません。消し込み作業を行うだけでも一苦労なのに、取引件数が多ければ多いほど、ミスが起こる確率も高くなります。銀行振り込みの際にカタカナ表記の名前を見間違ったり、手作業で消し込み作業を行う場合には、消し込む場所を間違えたりと、ミスが発覚するたびに作業が中断されて、修正に時間が掛かるいことになります。
時間と労力を節約するためにも、消し込み作業をアウトソースしてしまいましょう。消し込み作業を代行してくれるサービスを利用すれば、わざわざ人手を用意することもなく、面倒な消し込み作業をせずに通常業務に集中して取り組むことができます。また、消し込み作業専用のシステムもあるので、取引件数の多い会社はシステムの導入も検討してみて下さい。入金管理システムを利用すれば、入金が確認されたと同時に、システムが自動的に消し込み作業を行ってくれます。未入金の取引先はリストから弾いて知らせてくれるので、ミスが起こる心配もありません。毎月の負担を軽くするためにも、消し込み作業にはシステムを導入しましょう。